医療法人社団世航会
女性は虫歯が多い?男性と比べて虫歯になりやすい理由と予防方法 | 歯医者さんのお役立ちコラム
公開日  更新日

女性は虫歯が多い?男性と比べて虫歯になりやすい理由と予防方法

「虫歯は女性のほうがなりやすいって本当?」
「女性が男性と比べて虫歯になりやすい理由は?」
「虫歯の予防方法を知りたい」
歯の病気は全身疾患とも密接な関係があるため、異常が見られた際は早期対応が必要です。

 

本記事では、なかでも女性が虫歯になりやすいという言説の真意やその理由について解説していきます。
虫歯や歯の痛み、歯ぐきの腫れを治したいと思っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

女性は虫歯になりやすい?

女性は虫歯になりやすいといわれていますが、これは事実です。
厚生労働省の調査によると、男性が平均14.7本の虫歯を持つのに対し、女性は平均16.1本の虫歯を持っているという結果が出ています。
この結果から、女性は男性よりも虫歯になりやすい傾向があるといえるわけです。

 

しかし、そこまで大きな差はありません。
個人の口腔状態や生活習慣によっても異なるため、定期的な歯科検診や適切なケアが重要です。

女性が男性と比べて虫歯になりやすい理由

ここからは、女性が男性と比べて虫歯になりやすい3つの理由について解説していきます。

  • 唾液の量が少ないため
  • 歯が薄く柔らかいため
  • 甘いものを好む傾向があるため

それぞれ見ていきましょう。

理由①唾液の量が少ないため

女性が男性よりも虫歯になりやすい理由のひとつとして、唾液の量が少ないことが挙げられます。

 

唾液には口内のバクテリアを中和し、歯を保護する効果がありますが、女性ホルモンの影響により、女性は一般的に唾液の分泌量が少なくなります。
その結果、口内のバクテリアの増殖が進み、虫歯リスクが高まるのです。

理由②歯が薄く柔らかいため

女性が男性と比べて虫歯になりやすい理由のひとつは、女性の歯が一般的に薄く柔らかいからです。
男性の歯は骨密度が高く、硬い傾向があるため、虫歯になりにくいとされています。
一方、女性の歯は骨密度が低く、柔らかいため、虫歯が進行しやすくなります。

 

このため、女性は歯の健康管理に注意が必要です。

理由③甘いものを好む傾向があるため

女性が男性と比べて虫歯になりやすい理由のひとつは、甘いものを好む傾向があるからです。
女性は一般的に甘いお菓子や飲み物をより多く摂取する傾向があります。

 

これにより、虫歯の原因となる糖分が口内に留まり、歯の表面に付着しやすくなるため、虫歯の発生リスクが高まるのです。

虫歯の予防方法

虫歯の予防方法は、定期的な歯磨きやフッ素入りの歯磨き粉の使用、歯間ブラシやフロスでの歯間清掃が重要です。
また、食事後には水で口をすすいでおくと良いでしょう。

 

甘いものを控えめに摂取し、定期的な歯科検診も忘れずに行うことが大切です。

虫歯治療の流れ

虫歯治療の流れは、まず歯科医師が虫歯の診断を行い、その範囲や深さを評価します。
次に局所麻酔を行い、虫歯を削り取ります。
その後、詰め物や被せ物などの治療材料を使用して欠損部を修復し、最後に噛み合わせを調整するという流れが一般的です。

女性が虫歯になりやすい理由は唾液量と歯の形質

今回は、女性と虫歯の関連性について解説してきました。
女性が虫歯になりやすい理由は、唾液量と歯の形質に関係があります。
女性の唾液量は男性よりも少なく、虫歯を予防する役割が減少します。
また、女性の歯は男性に比べて歯質が軟弱で、そういう意味でも虫歯になりやすいといえるでしょう。
定期的な歯科検診と適切なケアが重要です。

 

世航会デンタルオフィスでは、虫歯治療から予防歯科、歯周病治療まで、幅広い歯科治療を提供しています。受診の際はカウンセリングもしっかりと実施しているため、歯のことでお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

クリニック一覧

東京

世田谷エリア

港区エリア

西新宿区エリア

目黒区エリア

中央区エリア

千代田区エリア

江東区エリア

豊島区エリア

大阪

大阪エリア

©︎2023 Sekoukai.世航会

東京の歯医者なら世航会デンタルオフィス