医療法人社団世航会
審美歯科の費用の相場とは?治療内容ごとに詳しく解説 | 歯医者さんのお役立ちコラム
公開日  更新日

審美歯科の費用の相場とは?治療内容ごとに詳しく解説

歯を白くするには、いくつかの治療方法があります。審美歯科ではどのような治療方法があり、費用はどれくらいかかるのでしょうか。
本記事では、審美歯科における費用相場と、治療内容について解説していきます。

審美歯科とは

審美歯科とは、歯の健康と審美性の追求、両方を兼ねそなえた歯科医院で受けることができる治療です。

歯を白くする、歯並びを整えるなど見た目の美しさを改善することと、歯周病や虫歯治療など根本的な歯の問題を解消して、トータル的に歯のコーディネイトをすることを目的としています。
歯科医院で古くから採用されている歯列矯正以外に、ホワイトニング、インプラント、セラミックなど、最新の技術を活かした審美治療が人気です。

審美歯科の費用の相場

 

以下は、審美歯科の費用相場です。審美歯科の費用は、自由診療になるため、歯科医院によって費用には差があります。

審美歯科の費用相場
治療法 種類 費用
クリーニング 3,000円~4,000円
ホワイトニング オフィスホワイトニング 30,000円〜70,000円
ホームホワイトニング 25,000円〜50,000円
デュアルホワイトニング 50,000円〜80,000円
歯列矯正 40,000円〜80,000円
インプラント 300,000円〜400,000円
セラミック オールセラミック 80,000円〜180,000円
ジルコニアセラミック 130,000円〜180,000円
ハイブリッドセラミック 40,000円〜80,000円
メタルボンド 80,000円〜150,000円
ラミネートベニア 70,000円~180,000円

クリーニング

審美治療を始める前に、まずはじめに歯のクリーニングを行います。

審美性を高める前に歯の機能をチェックして改善します。
歯周病や虫歯がある場合は、症状に合わせて治療をします。

歯周ポケットに付着したプラークや汚れが石灰化した歯石を除去して病気の再発を予防します。

症状が進行している場合は、根管治療を行って歯周菌や虫歯菌の原因を取り除きます。
歯のクリーニングは、保険適用で治療ができるので、比較的安くて済みます。

ホワイトニング

歯を白くするための審美歯科の治療法です。

漂白効果のある過酸化水素を使用して歯を白くします。

ホワイトニングの種類は、施術のやり方によって3つに方法を選ぶことができます。

※ホワイトニングの3種類

  • オフィスホワイトニング:
  • ホームホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で受ける治療法です。

歯科医師や歯科衛生士など有資格者が施術を行います。

オフィスホワイトニングの薬剤は、安全性の高い過酸化水素35%以下の濃度のものを使用しています。

安全で濃度の高い薬剤で施術を行うので、短時間で施術効果が得られます。

オフィスホワイトニングは、ホワイトニング治療の中でも、主流な方法で、ホームホワイトニングよりも即効性があり効果の持続期間は、およそ3〜6か月くらいです。

費用は、30,000円から始めることができます。ただし、歯の本数や歯の汚れの程度によって費用が前後します。

 

ホームホワイトニング

自分で行う治療法です。自分用のマウスピースを作って処方された薬剤で、自宅でホワイトニングを行います。

施術に使用する薬剤は、自分で扱うため低濃度10%の薬剤を使います。

薬剤の濃度が低いのでオフィスニングと比べると白さの即効性は弱くなりますが、費用はオフィスホワイトニングよりも安くできます。

長く続けた場合は、薬剤代のみで済ませることができるのでコスパが良い方法です。

 

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニング+ホームホワイトニングの治療法です。

歯科医院で施術を受けた後に、自宅で自分がホワイトニングを行います。

歯科医院と自宅、両方でホワイトニングを行うことで、施術効果がより高くなり理想の白さを実現できます。

デュアルホワイトニングは、即効性と持続性が高く、持続期間は、おおよそ1年くらいが目安です。

費用は、ホワイトニングの中で一番高額になります。

 

関連記事:ホワイトニングの費用の相場とは?効果を持たせるコツも紹介

歯列矯正

歯列矯正は、歯並びを改善する治療法です。

歯列矯正には、大きく2種類「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」があり、ワイヤー矯正には、ワイヤーの装着法によって「表側矯正、裏側矯正、ハーフリンガル矯正」があります。どの矯正タイプを選ぶかによって費用は異なります。

矯正治療中の見た目を気にする方は、透明タイプのマウスピースの矯正、またはワイヤーが見えない裏側矯正が人気です。
費用相場は、表側矯正やマウスピース矯正が比較的安くできて、裏側矯正は高額になります。

ただし、矯正する歯の範囲「部分矯正」または「全体矯正」によって費用は前後します。

インプラント

抜歯した部分に人工の歯根を作って歯を再建する治療法です。

顎の骨にインプラントを埋入するため麻酔をして治療を行います。

治療を受ける歯科医院の設備や技術、使用するインプラントの種類によって費用は異なりますが、平均的には30万以上と高額になります。
インプラントは、医療費控除の対象となるため、医療費負担を抑えることが可能です。

 

関連記事:インプラント治療にはどのくらいの費用がかかる?

セラミック

セラミックは、歯科治療の被せ物に使用する素材のことです。

銀歯と比べて見た目の印象が良く、耐久性が高く予防歯科にも効果的です。

セラミックは、以下の素材によって費用が異なります。

※セラミックの4種類

  • オールセラミック
  • ジルコニアセラミック
  • ハイブリッドセラミック
  • メタルボンド

 

オールセラミック

金属やレジンなど、他の素材を使用せずセラミックだけで治療します。

審美性が高く天然の歯に近い白くて自然な歯を作ることができます。

 

ジルコニアセラミック

人工的に作ったダイヤモンド素材のセラミックです。

割れにくく強度があるので奥歯の治療に適しています。費用は一番高額です。

 

ハイブリッドセラミック

プラスチックを混ぜたセラミックです。

セラミックに近い白さで美しさを実現できます。
セラミックの中では一番安く治療ができます。

 

メタルボンド

内側は金属、外側はセラミックを使用します。強度と審美性を兼ね備えた治療です。

ジルコニアセラミックよりも費用は安くなります。

ラミネートベニア

歯の表面を削って、薄いセラミックやジルコニアを貼る治療法です。

歯を白くしたい場合や歯と歯の隙間に貼る場合に使われます。

セラミックの被せ物のように大きく歯を削る必要がないので短時間で治療ができます。
費用は、オールセラミック治療と同じくらいで、ホワイトニング治療よりも高額になります。

審美歯科が高額なのはなぜ?

審美歯科は、審美性を目的とした治療に該当するため、保険適用外で自由診療になります。
ただし、審美歯科の治療内容に、虫歯や歯周病の治療、神経の根管治療、歯石除去などが含まれる場合は、それぞれ保険適用で治療を受けることは可能です。
審美歯科を受けたい場合は、歯科医院で保険適用の範囲について事前に確認しておきましょう。

審美歯科でも医療費控除は利用できるのか

審美歯科の治療は、自由診療に該当するため医療費控除の対象外になります。

ただし、インプラント治療の場合は審美目的ではないため、医療費控除の対象となるケースもあります。

審美歯科の治療内容と費用を確認してから始めましょう

審美歯科では、歯を白くしたい場合に、ホワイトニング、セラミック、ラミネートベニアなど、いくつかの方法を選ぶことができます。

ホワイトニングは薬剤で歯を白くする効果があり、セラミックは、天然に近い歯の色の被せ物をします。

ラミネートベニアは、白い薄い板を貼ることで歯を白くすることができます。

また、歯並びを改善したい場合は歯列矯正の方法、自然な歯に近い形で歯の状態を回復できるインプラントもあります。
審美歯科では、理想的な歯を実現するために、さまざまなメニューが用意されていますので、治療内容と費用を確認して治療を始めましょう

なお、審美歯科の治療費は、保険適用外で自由診療になりますが、歯の医療行為に該当する治療が含まれる場合は、保険適用で治療ができます。

事前に歯科医院に相談して確認するようにしましょう。

 

東京都で歯医者を探しているなら、東京を中心に22院のクリニックを展開している「世航会デンタルオフィス」がおすすめです。

世航会デンタルオフィスでは、健康な歯はできる限り「削らない・抜かない」虫歯治療を重視しています。

予防歯科のプロフェッショナルが患者様の奥地の健康を維持・管理いたします。ぜひ、お気軽にご相談ください。

クリニック一覧

東京

世田谷エリア

港区エリア

西新宿区エリア

目黒区エリア

中央区エリア

千代田区エリア

江東区エリア

豊島区エリア

大阪

大阪エリア

目次

©︎2023 Sekoukai.世航会

東京の歯医者なら世航会デンタルオフィス