医療法人社団世航会
インプラント治療にはどのくらいの費用がかかる? | 歯医者さんのお役立ちコラム
公開日  更新日

インプラント治療にはどのくらいの費用がかかる?

インプラント治療は、高額なイメージがありますが、実際のところ費用はどれくらいなのでしょうか。

専門性の高い技術で治療を行うため、費用相場を知ってカウセリングで納得してから信頼できる歯科医院を選びましょう。

本記事では、インプラント治療の費用について解説します。

インプラント治療にかかる費用の相場

インプラント治療は、手術によって人工歯をしっかり固定するため、天然の歯と同様に機能的に使うことができます。

他の治療法と比較して費用が一番高額ですが、機能性に加えて審美性も兼ねそなえているため、持続的に満足できる治療法として打倒な価格と言えるでしょう。
インプラント治療の費用は、治療する歯の状態や本数、インプラントの種類、歯科医院によって異なります。

以下は、インプラント治療、ブリッジ治療、入れ歯治療の費用相場です。

インプラント治療の費用相場
インプラント治療 30万円~40万円
ブリッジ治療 5万円~20万円
入れ歯治療 5,000円~2万円
  • インプラント治療:寿命10〜15年。保険適用外。審美性と機能性がある
  • ブリッジ治療:寿命7〜8年。保険適用。天然の歯と同じくらいの機能性がある
  • 入れ歯治療:寿命7〜8年。保険適用。咀嚼能力が低下する

前歯1本の費用

インプラント治療の前歯1本あたりの費用相場は、およそ30万円~40万円です。

これには、検査と診察費、手術費、人工歯、被せ物、仮歯、抜歯、アフターケアなどの費用が含まれます。

前歯の治療は、最も目立つ箇所であるため、審美性の高い材料を使用すると奥歯の治療よりも費用が高くなるケースもあります。

奥歯1本の費用

前歯と奥歯は、大幅な費用の差はありませんが、歯の範囲によって技術的に困難な場合は、少し高くなるケースもあります。

奥歯のインプラント治療は、簡単に治療できる場合もあれば、非常に難しい場合もあり、ケースバイケースになります。

※インプラント治療が難しい症例

  • 奥歯の噛み合わせの調整が難しい
  • 奥歯の隙間のスペースが狭くて治療が困難
  • 顎の奥歯はインプラントを固定しにくい
  • 歯肉が少ない場合に歯肉の移植が必要になる
  • 下歯槽神経を傷つけてしまうリスクがある

材質別に見るインプラント1本あたりの費用

インプラント治療の1本あたりの費用は、人工歯に使う素材によっても異なります。
特に前歯のインプラントは、見た目の印象が良いオールセラミックやジルコニアを選択した場合、費用が高額になります。

※インプラントの人工歯の素材

  • プラスチック
  • ハイブリッドセラミック
  • オールセラミック
  • ジルコニアセラミック

プラスチック

コンポジットレジンというプラスチック材料を使用します。ペースト状の素材に特殊な光を当てると硬くなる歯科用プラスチックです。

虫歯治療を行った際、歯の詰め物・被せ物としてよく使用されています。

インプラント治療で使用する仮歯は、調整しやすいようにレジンが使用されています。

費用相場は、約5,000円〜10,000円で、保険が適用されるため飛躍的安く治療ができます。

ハイブリッドセラミック

プラスチックにセラミックを混ぜた素材です。セラミック治療ですが、保険が適用されるため費用負担を抑えることができます。

オールセラミックと比べると審美性は劣りますが、
強度があり柔軟性のある素材です。費用相場は、約40,000円〜80,000円です。

オールセラミック

金属やレジン等他の素材を使わずにセラミックのみを使用します。

審美性が高く天然の歯に近い白くて自然な歯を作ることができます。金属アレルギーの方も安心して使用できます。

費用相場は、約80,000円〜180,000円です。

ジルコニアセラミック

人工的に作ったダイヤモンド素材のセラミックです。強度があり破損しにくく奥歯の治療に適しています。

奥歯にジルコニア、前歯にはオールセラミックを使用する方も多いです。
費用は、被せ物の素材の中で一番高額で、約130,000円〜180,000円です。

インプラント治療の費用の内訳

インプラント治療の費用の内訳は、以下の通りです。

検査・診察費、手術費、抜歯、人工歯と被せ物の費用、インプラントを埋入してから人工歯を入れるまでの期間に使う仮歯、治療後の経過をサポートするアフターケアの費用が含まれます。

インプラントの費用相場・内訳
検査・診察費 15,000円~50,000円
手術費用 150,000円~350,000円
人工歯・被せ物 50,000円~180,000円
仮歯 5,000円~20,000円
抜歯 5,000円~8,000円
治療後のアフターケア 1,500円~10,000円

検査・診察費用

インプラント治療の前に、歯の状態を診察して虫歯や歯周病についてチェックします。
症状が進行している場合は、追加費用で治療費がかかります。

虫歯や歯周病治療は保険適用で治療できます。
また、生活習慣病や喫煙習慣などについても質問されます。

糖尿病、心臓病、肝臓病、高血圧、腎疾患、骨粗鬆症、ガン治療中の人は、インプラント治療ができないこともあります。

CT検査では、顎骨の形状や骨質を解析し、血液検査を行い、インプラント治療ができる健康状態であるか診断します。

検査と診察費用は、約1.5万円〜5万円です。

インプラント本体

インプラント治療に使用する人工歯の費用相場は、約5万円〜18万円です。

インプラントのブランドや種類、人工歯の素材によって異なります。

インプラント本体には高品質なチタン合金が使用されており、耐久性や安全性が高い品質のものは、その分、価格も高めになります。

手術費用・メンテナンス費用

インプラントの手術は、1次手術、2次手術の2回に分けて行います。
1次手術では、歯肉を切開してインプラントを埋入します。

傷口を縫ってから数ヶ月、期間を置きます。

2次手術では、埋入したインプラントと人工歯をつなぐ役割のアバットメントを装着します。

手術の費用相場は、約15万円〜35万円です。

インプラントは、人工歯なので虫歯になることはありませんが、毎日の歯磨き習慣は大切です。

また、インプラント治療の経過を確認するためにも定期メンテナンスが必要です。

インプラントの平均的な寿命は、およそ10〜15年程度です。

きちんとしたメンテナンスをしていれば長く使用することができます。

メンテナンス費用の相場は、3,000円〜5,000円くらいです。

定期検診の目安は、最初は3か月に1度で2、3回通院して、そのあとは1年に2〜3回通うようになります。

 

関連記事:歯医者の定期検診に通う頻度は?メリットと費用を知ろう

インプラント治療で追加費用がかかるケース

顎の骨に厚みがない人は、追加で骨造成手術が必要です。

インプラント治療で土台となる部品を支えきれない場合に手術をするようになります。
顎の骨が不足していると、インプラントが骨を突き抜け歯肉から出たりしてしまうため、自分の骨または人工的な材料を充填して、インプラント治療がしやすいように顎の骨の状態を整えます。

骨造成手術の費用相場は、およそ3万〜10万円くらいです。

インプラントの費用を安く抑えるポイント

高額な治療費を抑えるには、医療費控除を申請など、「デンタルローン」を活用すると良いでしょう

それぞれ解説します。

ポイント①医療費控除を申請する

医療費控除とは、1年間で支払った医療費が一定額を超えるときに、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができる制度です。
インプラント治療は自由診療になるため、原則、医療費控除の対象外です。

ただし、例外として、生まれつきの疾患で、顎の骨を連続して1/3以上失っている場合、または、腫瘍や事故の外傷が原因で顎の骨を連続して1/3以上失っている場合には、保険適用で治療することが可能です。

ポイント②デンタルローンを活用する

分割払いやデンタルローンを利用して費用負担を抑えることも可能です。

デンタルローンとは、金融機関などが提供する歯科治療費専用のローンです。

高額な歯科治療費を分割して支払うことができます。

インプラントの治療費が安い歯科医院を選んでもよい?

インプラント治療は、高額な費用がかかるため、できるだけ安い歯科医院を探したいということもありますが、安さをメインに宣伝しているところは、注意して見極めるようにしましょう。
安くできる理由には、まだ経験が浅く治療実績が少ないこと、インプラントの治療設備が不十分なこと、安くて低品質のインプラントを使用していること等があり、いずれも、信頼性にかけるため、治療は控えた方が良いでしょう。

インプラント治療をする際は、技術経験のある歯科医院で、費用相場よりも安すぎず高すぎないところを選ぶことをおすすめします。

また、治療後の経過をサポートしてもらえるように、アフターケアが充実している歯科医院を選びましょう。

 

関連記事:歯医者の選び方とコツとは?注意すべきポイントもチェック

インプラント治療が適切な費用かを見極めるコツ

インプラント治療の費用を検討する際は、複数の歯科医院に相見積もりを取りましょう。
ひとつの病院だけで判断できない場合は、セカンドオピニオンを受けるのもおすすめです。

コツ①複数の歯医者を比較し、見積もり書を受け取る

歯科医院によってインプラント費用もそれぞれ異なります。

1件だけで決めずに、複数の歯科医院にインプラント治療の見積書を出してもらって比較してから決めると良いでしょう。
見積書の項目を比較してみると、治療内容と費用の違いがわかりやすく判断することができます。

コツ②セカンドオピニオンを受ける

インプラント治療を行う際は、まずはカウンセリングから始めます。

カウンセリングの内容から、何か疑問点があって解決しない問題がある場合は、もうひとつの歯科医院に行ってセカンドオピニオンを受けると、疑問解消に繋がります。

インプラントは費用と治療内容を確認してから始めましょう

インプラント治療の費用は、歯1本あたり30万円〜40万円です。

歯の健康状態や顎の骨の厚みなどによって追加費用が発生する場合もあります。

まずは、治療前にしっかり治療内容と費用を確認してから始めましょう
また、歯科医院を選ぶ際は、経験と実績があって何でも気軽に相談できるところを探しましょう。

 

東京都で歯医者を探しているなら、東京を中心に22院のクリニックを展開している「世航会デンタルオフィス」がおすすめです。

世航会デンタルオフィスでは、健康な歯はできる限り「削らない・抜かない」虫歯治療を重視しています。

予防歯科のプロフェッショナルが患者様の奥地の健康を維持・管理いたします。ぜひ、お気軽にご相談ください。

クリニック一覧

東京

世田谷エリア

港区エリア

西新宿区エリア

目黒区エリア

中央区エリア

千代田区エリア

江東区エリア

豊島区エリア

大阪

大阪エリア

目次

©︎2023 Sekoukai.世航会

東京の歯医者なら世航会デンタルオフィス