医療法人社団世航会
奥歯の歯が腫れる原因とは?応急処置や予防法も紹介します! | 歯医者さんのお役立ちコラム
公開日  更新日

奥歯の歯が腫れる原因とは?応急処置や予防法も紹介します!

奥歯のトラブルは、見えない部分であるだけで突然痛みが始まることがあります。
原因は、歯磨きの磨き残しで細菌が繁殖し、奥歯の歯茎が炎症を起こすからです。
歯の汚れは、歯周病や虫歯のリスクが高くなるため、日頃から歯のケアは大切です。
本記事では、奥歯の歯茎が腫れる原因、応急処置、予防法について解説します。

奥歯の歯茎が腫れている原因

奥歯は、歯磨きで磨き残しがあると歯茎が腫れて炎症を起こしやすくなります
では、痛みや腫れの原因となる歯周病、虫歯、親知らずについて、それぞれ確認していきましょう。

歯周病によるもの

歯周病は、細菌の毒素で歯ぐきに炎症が起きて歯を支える骨(歯槽骨)が溶けていく病気です。

歯周病の初期症状は、歯茎が赤く腫れて痛みが出ます。歯茎がブヨブヨとした感じになって口臭がきつくなるのが特徴です。
歯周病の前段階である歯肉炎の場合は、軽度であればセルフケアで改善できますが、症状が悪化して歯周病に進行した場合は、歯科医の治療で、痛みの原因となる汚れを除去し、外科治療を行います。

虫歯によるもの

奥歯が腫れる原因は、虫歯である場合も考えられます。

特に何もしていないのに歯が痛む場合や、歯が黒ずんでいたり穴があいていたり、見た目にもわかる症状が現れている場合には、虫歯の可能性があります。

また、食べ物を噛むときに痛みが生じる場合は、根尖性歯周炎になっているかもしれません。

根尖性歯周炎は、歯の根元まで細菌が繁殖して歯茎の腫れを伴い、強い痛みや発熱が起こることもあります。
虫歯は初期症状であれば、軽い治療で完治することもありますが、放置して激痛にまでなると、神経の除去や洗浄などの治療が必要になります。

親知らずによるもの

親知らずが原因で細菌が繁殖して奥歯が腫れる場合があります。

親知らずが生えかかった状態や、埋まったまま外部に出ようとして状態のときに、奥歯に汚れが付着したままになっているとそこに細菌が侵入して炎症を起こします。
歯科医での治療法は、正しい位置に矯正し、親知らずを抜歯することもあります。

炎症止めとして抗生物質を投与して痛みを緩和します。

膿がたまっている「根尖病巣」によるもの

「根尖病巣」は、歯の根元に膿がたまって炎症が起きる病気です。

「根尖病巣」ができる原因は、歯に強い衝撃が加わると歯の根元が破折して炎症を起こすからです。
歯科医での治療は、根管治療(歯の神経の治療)を行い、たまっている膿を除去します。
また、歯ぎしりによって「根尖病巣」になる場合もあり、歯に負担をかけないようにマウスピースの治療を行います

不適合セラミックによるもの

セラミック製の被せ物を使って歯を治療した場合、歯との適合が悪いと歯茎の炎症や痛みが生じることがあります。

また、セラミック製の被せ物を歯茎の根元まで深く被せたとき、違和感を生じて後から炎症が起こるケースもあります。
セラミック製は、白い歯のような見た目と耐久性が高い等のメリットがある一方、稀に、歯との適合が悪く不具合が生じることもあります。

奥歯の歯茎が痛いときの応急処置

奥歯の歯茎が痛いときは、歯科医に診察に行く前に、以下のポイントを抑えて応急処置をするようにしましょう。
軽度であれば、応急処置で痛みが緩和するので、落ち着いてから歯科医に診察を受けるようにしましょう。

患部を冷やす

奥歯の歯茎の炎症は冷やすことでいったん治まることもあります。

保冷剤や冷却シート、氷水を当てるなど、患部に近い頬の部分を冷やします。
ただし、冷やすだけでは炎症を治すことができないため、応急措置として冷やして痛みを緩和させてから、歯科医の治療を受けるようにしましょう。

市販の鎮痛剤を使用する

奥歯の歯茎の痛みが強い場合は、鎮痛剤や抗生物質を飲んで症状を抑えると良いでしょう。
ズキズキとした痛みは、薬によって一時的に緩和することができます。
歯科医に行くまでの応急措置としておすすめです。

口腔内のケア

歯の隙間に磨き残しがあると、そこから炎症が起きて痛みが起こるため、歯間ブラシで汚れを除去して、口内を清潔に保つように食後の歯磨きを心がけましょう。

口臭止めにも効果的です。

軽い炎症であれば、セルフケアでも症状を抑えて治すことができます。

口腔内のケアの方法は、歯磨きの他に、うがい、舌の清掃、唾液腺マッサージなどがあります。
舌の清掃は、舌ブラシを使って舌の奥から前へとブラッシングして汚れを除去します。
唾液腺マッサージは、唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)をマッサージして唾液の分泌を促します。

歯茎を腫れないようにするための予防方法

歯茎の炎症を起こさないように、日頃から歯の健康予防をするようにしましょう。

丁寧で正しい方法で歯磨きを

食後の歯磨きは、正しい方法で行いましょう。

歯間や歯茎と歯の境目は特に汚れが残りやすいため、しっかり磨いて清潔にしましょう。
また、使っている歯ブラシや歯磨き粉の種類は、ご自身にあった物を選ぶことが大切です。
歯の隙間は歯間ブラシやデンタルフロスがおすすめです。
磨きにくい奥歯や歯の裏側は、汚れが残りやすいため、念入りに磨くようにしましょう。

専用の歯磨き粉を使用する

歯の痛みや炎症を抑える専用の歯磨き粉を選びましょう。

歯周病に有効な成分を配合した歯磨き粉がおすすめです。歯磨き粉に使用されている配合成分をチェックし、痛みや炎症にやさしく使用感の良いものを選びましょう。

歯周病予防に良い歯磨き粉については、殺菌作用のある「塩化セチルピリジニウム(CPC)」や「イソプロピルメチルフェノール(IPMP)」などが効果的です。
歯茎の腫れや出血を抑えたい場合は、「トラネキサム酸(TXA)」「塩化ナトリウム」「桜葉エキス」などが配合成分にあると良いでしょう。
また、衰えた歯茎を鍛える作用には、「アラントイン」配合の歯磨き粉がおすすめです。

歯ブラシを見直してみる

奥歯の状態に合う歯ブラシを見直すのも方法のひとつです。

歯ブラシの大きさや毛先の柔らかさなど、どのようなタイプがご自身に適切か、炎症の状態にも合った歯ブラシを使うようにしましょう。
歯周ポケットを効果的にブラッシングするには、毛先の細いものが適切です。

歯ブラシの大きさは、口内や歯の大きさに合わせて選びましょう。

毛先は硬すぎず柔らかすぎないもので、使用してから1か月程度で新しい歯ブラシに交換するようにしましょう。

定期的な歯科検診に

歯の健康は、ご家庭でできる毎日のケアで補うことができます。

また、定期的に歯科医の診察を受けて歯の状態をチェックするように計画しましょう。

何でもない時にこそ、歯の予防策として専門医のアドバイスを受け、歯の磨き方などについて相談することをおすすめします。
厚生労働省のホームページでは、歯の健康について以下の内容を公表しています。

「定期的に歯石除去や歯面清掃などの予防処置、指導を受けることが歯の喪失の防止に重要であり、5年間の観察で定期的に歯石除去等を受けた群の1人平均喪失歯数は0.37歯であったのに対し、受けなかった群の喪失歯数は1.39歯であったとされている。

これらの予防処置は、主に歯科診療所において実施されているが、歯石除去、歯面清掃に併せて、歯口清掃や喫煙、食生活等に関する保健指導を実施することがさらに効果的である。」

歯周病予防に奥歯のケアを忘れずに

磨きにくい奥歯は、歯周病や虫歯になりやすいため、歯磨き習慣を心がけて口腔内を清潔にしましょう。

もし、歯茎の痛みや腫れが生じた場合は、冷水で冷やし鎮痛剤を飲んで症状を緩和させることが大切です。

症状が改善しない場合は、早めに歯科医の診断を受けましょう。

歯の健康は、セルフケアをすることで、病気のリスクを抑えることができます。
また、歯ブラシ・歯磨き粉など、お使いのアイテムを見直して、歯の正しいケアをするようにしましょう。

東京都で歯医者を探しているなら、東京を中心に22院のクリニックを展開している「世航会デンタルオフィス」がおすすめです。

世航会デンタルオフィスでは、健康な歯はできる限り「削らない・抜かない」虫歯治療を重視しています。

予防歯科のプロフェッショナルが患者様の奥地の健康を維持・管理いたします。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

クリニック一覧

東京

世田谷エリア

港区エリア

西新宿区エリア

目黒区エリア

中央区エリア

千代田区エリア

江東区エリア

豊島区エリア

大阪

大阪エリア

©︎2023 Sekoukai.世航会

東京の歯医者なら世航会デンタルオフィス