虫歯治療

虫歯とは

虫歯の治療

お口の中にはたくさんの細菌『口腔常在菌』がいます。口腔常在菌の中にミュータンス連鎖球菌を中心とする虫歯原性菌がおり、虫歯原性菌は、食べ物の糖質から乳酸などの酸を産生します。
酸が大量に産生されると、口腔内のpH(水素イオン指数)が酸性に傾き、歯の表面のエナメル質を溶かしはじめます。これを脱灰といいます。
虫歯の治療
唾液の作用によって数十分すると、今度はアルカリ性に戻り溶けた歯が補修されます。これを再石灰化といいます。酸性に傾き、アルカリ性に戻る状態をグラフ上の曲線で表したものをステファン・カーブといいます。

虫歯の治療

エナメル質が溶けはじめた最初期の段階では、エナメル質に抵抗性があることや、歯が再石灰化するため、エナメル質表層は溶けず、その下から溶け始めます。これをエナメル質の表層下脱灰といい、この段階を初期虫歯といいます。

虫歯治療の流れ

虫歯の治療 虫歯の治療 虫歯の治療

軽度の虫歯であれば、自然治癒することもありますが、一定水準以上まで進行した虫歯により失われた歯の構造は再生しません。そこで、虫歯治療により虫歯の進行を止め、歯を保存し、合併症を防ぐことができます。

治療は、虫歯を削って、修復材料で歯の形にします。削る時に痛みがあると予測される場合は、麻酔をします。

使用する修復材料は部位によりコンポジットレジンやインレーなどから決めます。虫歯が歯の神経近くまでも達している場合では、金属の詰め物ではしみてしまうので、ハイブリッドセラミックスを用いることもあります。虫歯が広範囲の場合、クラウンにすることが一般的です。これは虫歯部位を切削した後、残った歯に上からかぶせる物です。

虫歯の進行による
レベル

虫歯は、発生部位や病巣の形態、進行度等により分類されます。

C1 エナメル質に進行した虫歯。痛みはない
C2 象牙質に達した虫歯。冷たいものがしみる。
C3 歯の神経に達した虫歯。強く痛む。
C4 歯が崩壊し根だけの状態。

 

痛みに対する配慮

世航会デンタルオフィスでは、無痛麻酔・笑気麻酔・静脈内鎮静の3つの麻酔を、治療により使わけています。

  

無痛麻酔

一般的な虫歯治療ですと、通常注射による麻酔を行います。しかし、その注射自体も痛みを伴うことがありますので、注射前に歯茎に表面麻酔を、さらに針のないジェット麻酔をした上で、最細の麻酔針33Gを用いて麻酔をするようにしています。また、麻酔薬を体温にあたためておくことで、痛みもほぼなく、注射をすることができます。

  

笑気麻酔

一般的な虫歯治療ですと、通常注射による麻酔を行います。しかし、その注射自体も痛みを伴うことがありますので、注射前に歯茎に表面麻酔を、さらに針のないジェット麻酔をした上で、最細の麻酔針33Gを用いて麻酔をするようにしています。また、麻酔薬を体温にあたためておくことで、痛みもほぼなく、注射をすることができます。

  

静脈内鎮静法

※けやき坂医院のみとなります。
静脈内鎮静法は、笑気麻酔と同様に歯科恐怖症の方や、インプラントの手術などをするときに用いられる麻酔法です。鎮静剤や鎮痛剤を直接静脈に投与しますので、笑気麻酔より効果は高いと言われいます。全身麻酔と違い術中に意識はありますが、恐怖心や痛みはほとんど感じなくなりますので、外科手術において術後の腫れや痛みを抑えたい場合に有効です。効果は非常に高いのですが、保険適応外の為、費用がかかります。

虫歯が悪化すると?

虫歯が重度に進行してしまうと、歯髄の一部や全部を除去して歯を残すような治療をしなければなりません。そこで、歯内療法が行われます。
歯の根っこを治療する「根管治療」についてご説明します。

根管治療の説明ページへ




治療に伴うリスク

※破折、色調の再現に限界があります。

©︎2019 Sekoukai- 芝浦デンタルオフィス東京 -.