医療法人社団世航会

インビザライン

マウスピース矯正:
インビザラインとは?

当院では、矯正治療期間中も付けていることが目立ちにくい「透明なマウスピース」型の矯正装置を導入しています。一般的な矯正装置に見られるワイヤーを使用しないため、治療中でも周りから装着していることを気づかれることも少ないでしょう。また、食事や会話もしやすく、患者様ご自身で簡単に取り外すこともできるのでお手入れも楽にできます。そうした沢山のメリットから近年、幅広い世代の方々から注目を集めている矯正治療法です。

マウスピース型の矯正装置にはいくつか種類があります。中でも、国内外において多数の患者様に利用されているのが「インビザライン」と呼ばれるマウスピース矯正です。

インビザラインに
ついて

  

インビザラインは従来のワイヤーを使用しないマウスピース型矯正装置です。

透明なマウスピースで目立たず、そして取り外しができる矯正治療です。

器具の脱落などの心配もなく、金属アレルギーの患者様にも対応可能です。
着脱可能で口腔内清掃やマウスピースの洗浄がしやすく衛生的で清潔に保てます。

インビザラインとは

インビザラインはアメリカのアラインテクノロジー社(Align Technology, Inc.)の製品であり、全世界において1000万人以上のユーザー実績をもつ矯正装置です。

インビザラインは、先進の3Dテクノロジーを用いたシミュレーションに基づいて治療計画を立てていき、形の異なる複数のマウスピース型の装置を段階的に交換しながら装着していくことで歯並びを整えていきます。

インビザラインの特徴

・透明な装置なので付けていても目立ちにくい
・矯正中の痛みが比較的少ない
・通院回数が少なくて済む
(1ヶ月に1度程度)
・金属アレルギーの方も使用できる
・自分で取り外しできるため衛生的

当院の矯正歯科の特徴

矯正専門ドクターによる治療

大学の矯正科との協力体制のもと、より先進的な矯正治療を行っております。また、歯科矯正治療は特殊な技術や診断能力を要するため、
不正咬合の予防、治療による疼痛の軽減、装置審美性の改善、治療期間の短縮に努めております。

歯を抜くかどうか、装置の見た目などで今まで矯正治療をお悩みの方やセカンドオピニオンをご希望される方もお気軽にご相談下さい。

矯正治療について

インビザラインはこんな方が
オススメ

 

インビザラインの
メリット・デメリット

メリット

 
  • 矯正器具が目立ちにくい
  • 虫歯や歯周病になりにくい
  • 取り外しが可能で衛生的
  • スポーツや楽器演奏に支障がない
  • 金属アレルギーの方も治療可能
  • 通院期間が少ないことも

デメリット

 
  • 症例によっては適応できないことも
  • 装着忘れなどで治療期間の延長
  • マウスピース紛失の恐れ
  • 気軽に飲食ができない
  • 治療中のこまめなケア
  • 長時間の装着

インビザライン矯正の年齢制限

矯正治療において、基本的に年齢の上限はありません。お口の状態が健康であれば何歳からでもスタートできます。特にインビザライン矯正は目立ちにくい透明な装置ですので、学生の方やお仕事をされている方、人目が気になるという方もマウスピースを付けたままでも周囲に気づかれにくいと、幅広い世代から人気が高まっています。

また、付け始めた直後は違和感があるという方も多いですが、1週間ほどで慣れてきますので日常生活で会話がしにくいといったこともほとんどないでしょう。

マウスピース
矯正治療について

  

1.矯正相談・カウンセリング

歯並びの相談でご来院いただきましたら、治療や費用、メリット・デメリットなどのご説明を歯科医師より致します。

  

2.精密検査・診査

マウスピース矯正治療を希望される場合は精密診査に進みます。診査はレントゲン写真撮影、口腔内、顔貌の写真撮影を行います。
矯正装置を作製するための型取り、スキャンをします。

  

3.治療計画の説明

精密検査をもとに治療計画を立て、治療内容、期間、費用の説明を歯科医師よりいたします。
ご納得いただけましたら治療がスタートします。

  

4.治療の開始

ご自身専用に作製された矯正装置を装着します。
着脱方法や手入れ方法、一日の装着時間など注意事項をご説明いたします。
治療の段階に合わせて新しいものに付け替えていきます。

  

5.保定期間

治療が終わりましたら保定装置装着して後戻りを防ぎます。
定期健診は3-6か月毎にお越しください。

受け口、出っ歯、八重歯の
インビザライン矯正について

受け口のインビザライン矯正

下の歯が前に倒れている状態の軽度の受け口(しゃくれ)であれば、インビザライン矯正のみで治療できる場合があります。下顎に十分なスペースがある場合には、前方に出ている歯を無理なく後方へと動かすことで受け口を改善することができます。

歯を並べるスペースが不足している場合には、抜歯やワイヤー矯正と併用になることがあります。

出っ歯のインビザライン矯正

インビザラインも進歩を遂げており、現在は軽度から中等度の出っ歯であればインビザライン矯正で治療可能となっています。歯並びによっては「アタッチメント」という歯の表面につける装置を用いて歯を動かしたり、また出っ歯の程度によっては抜歯を行うケースや、ワイヤー矯正と併用して治療を行う場合があります。

八重歯のインビザライン矯正

こちらも軽度から中等度の八重歯であれば、インビザライン矯正で治療可能です。八重歯の程度によっては、歯を並べるスペースの確保のために歯と歯の隙間を少し削って隙間をつくる処置や、抜歯が必要となる場合があります。また抜歯の本数が多ければワイヤー矯正で治療を進めていく場合があります。

当院では、患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて最適な矯正プランをご提案しております。歯並びのお悩み、矯正治療への疑問や不安などございましたら、遠慮なく一度当院へご相談にいらしてください。

矯正相談について

当院では、矯正相談を行っています。
詳しい矯正診療日についてはTOPページの「矯正日のお知らせ」をご確認ください。

矯正日はこちら



治療費について

  料金(税抜)
前歯部 ¥450,000
全顎 ¥700,000
来院毎 ¥5,000

相談ご予約は
こちら

総合受付 03-6411-4243   

 

Q&A

インビザライン治療で
よくあるご質問

■ Q1: 本当にマウスピースだけで歯並びが治る?

■ Q2: 適応できない症例はある?

■ Q3: 治療の期間と費用は?

■ Q4: 抜歯の必要は?

■ Q5: 使用時間と洗浄方法は?

■ Q6: 後戻りはする?

■ Q7: 痛みや発音に影響は?

■ Q8: インビザラインは保険が効きますか?

■ Q1: 本当にマウスピースだけで歯並びが治る?

矯正治療というとワイヤー矯正の装置のイメージが強いため、取り外し可能なプラスチックのマウスピースで本当に歯がきれいに並ぶのか、疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

インビザラインのマウスピースは、精密なコンピューター・シミュレーションによって患者様の歯並びに合わせて設計・作製します。マウスピースは、歯とアタッチメントに密着して持続的に力を加え、歯を目標の位置へ確実に移動させます。

インビザラインは、全世界でその治療効果が認められ、多くの特許を取得している歯列矯正システムです。
まずはお気軽にご相談にいらして下さい。

■ Q2: 適応できない症例はある?

効果をあげやすい症例とそうでない症例があります。たしかにインビザラインでは治療が難しいケースもあります。骨の状態や、歯の状態なども診査します。

■ Q3: 治療の期間と費用は?

歯の移動量や動かす位置によって期間は患者様により様々です。約半年~2年程度、長い場合は3年程度かかる場合もあります。費用は¥450,000~¥700,000(税抜)になります。担当医にお尋ねください。

■ Q4: 抜歯の必要は?

なるべく非抜歯での治療計画を立てていますが、スペースの確保が難しい場合には抜歯の必要がある場合もあります。

■ Q5: 使用時間と洗浄方法は?

ご飲食時は外していただきますがそれ以外のできる限り長い時間、だいたい1日20時間以上装着していただきます。

歯磨き等は通常通り外してしてください。
マウスピースは外した際流水で洗ってください。歯磨き粉などを使用して歯ブラシ等で洗わないでください。

お湯を使用すると変形する可能性があります。
匂い等が気になる場合は市販の義歯洗浄剤などを使用してください。

■ Q6: 後戻りはする?

ワイヤーの治療でもマウスピースの治療でも歯を動かしているので後戻りは十分に考えられます。
後戻りをしないように治療完了後も就寝時など一定期間マウスピースをお使いいただきます。

■ Q7: 痛みや発音に影響は?

歯を動かしているので痛みは0ではないですが比較的弱い方と思います。痛みの感じ方は人によって変わります。

発音は慣れるまではしにくい場合がありますが慣れることがほとんどです。

■ Q8: インビザラインは保険が効きますか?

自費診療になり、保険は適用ではありませんが医療費控除の対象になります。

©︎2022 Sekoukai-世航会