都内14医院:総合歯科診療の世航会デンタルオフィス

製品の説明

インプラント本体

世航会デンタルオフィスで使用しているインプラント本体は、安定した品質のため、世界で広く使われているインプラントの一つです。
インプラント治療をする上で、インプラントメーカーの選択はとても大事なポイントですが、患者様からは何が良いのか分かりにくいものでもあります。

当法人では、患者さまに安心していただけるように、インプラント業界のパイオニアでもあるノーベルバイオケア社のものだけを使用しております。

アバットメント(土台)

プロセラシステムとは、患者様それぞれに合わせて設計をし、コンピューター制御により精密に削りだされた最高品質のカスタム・オーダーメイド-アバットメントのことです。

アバットメントとセラミックスの歯を作るための型取りを行った後、出来上がった模型を専用の3Dスキャナーを使ってコンピューター上に読み込みます。その上で、患者様の歯肉の形態に合わせて、熟練の歯科技工士が歯科医師と打ち合わせを行いながら正確に設計を行なっていきます。

アバットメントはセラミックスの歯をかぶせる土台の部分で、様々な種類があります。もともと形が決まっている安価なアバットメントもありますが、世航会デンタルオフィスではすべてCAD/CAMを用いたオーダーメイドのアバットメントを使用しております。

オーダーメイド・アバットメントはジルコニア、もしくはチタンのものがあり、患者様のお口の状態に合わせた適切のものを歯科医師が選択いたします。

セラミックスの歯(上部構造)

全ての歯を最高の技工チームが製作

上部構造は、オールセラミックス、もしくはジルコニアオールセラミックスを主に使用いたします。

2種類のオールセラミックス「e.max」と「ジルコニア」は、金属を一切使用しておりませんので、生体親和性にも非常に優れ、金属アレルギーの方にも安心です。

またインプラントに装着するセラミックスの歯の製作には、非常に高度なテクニックが必要になってきます。天然歯では、歯が多少動揺するため、技工物の幅に多少のずれがあっても影響は大きくありません。しかし、インプラントの場合は天然歯と違い、骨と直接結合しているため動くことがありませんので、わずか数ミクロン単位での、精密な作業が要求されてきます。

その精密な技工物は、世航会デンタルオフィスの歯科技工所でインプラント専門の歯科技工士が一つひとつ丁寧に仕上げております。